MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)

やっぱり沖縄の冬の海は透き通っているのですか?」と尋ねられることが割と多いですね。

千葉も寒い冬の方が断然透明度合いが高いようです。 まだまだ普通の人には認知されていませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、いろんなダイビング実践や状況で自己研鑽して、多くの実務経験を持ち得ていることを意味している「アマチュアでは一番のランク」で多くの人の憧れです。 問題なく講義を聞き終えて、待ち待ったダイバーとしての出発地点にたどり着いた皆さん、それではいろんなダイバーと潜水しに出掛けましょう。 沖縄の特徴は特に夏場のダイバーに人気が高いので、アルバイトの店員(夏場だけのスタッフ)が見られないのは大変珍しいダイビング専門店だと思われます。 初心者ダイビングはインストラクターの協力を得て楽しくダイビングする方法です。安心なダイビングを感じるために大事なテクニックを知っていただくことになります。 ダイビング教室では、講習費用だけではなくプールでのトレーニング費用と教材費、海に移動してからの実習に必ず必要になってくる施設の利用料、海に行くためのバス代や宿泊費用、それ以外にもレンタル器材代などが費用として掛かります。 お馴染のバナナボートから、紺碧に光る海の煌びやかな空間を見物できるダイビング体験から泳ぎに自信がなくてもできるシュノーケルまで、特別なウォータースポーツの数々を体験できます。 定評のあるバナナボートから、マリンブルーに輝く海の煌びやかな環境を感じられるスキューバダイビングの体験から手軽にできるシュノーケルまで、スペシャルなウォータースポーツメニューに挑戦できます。 多くのダイバーショップでは負担の掛かる機材を運ぶことがなくダイビングをやっていただきたいと思って、器材やその他の保管ルームの提供を格安で実施しています。海に潜る時は手ぶらで大丈夫です。

マリンパックは利用ホテルからの送迎を始め、複数のウォータースポーツ、美味しいランチ、コースを自由に選べる150分間のゆったりスパまで楽しめるオールインワン・プランです。 広大なサトウキビ畑や伝統的な沖縄の住宅があり、沖縄らしい空気感や景色を満喫できます。「古宇利大橋」から鑑賞する海は永久に忘れないほど鮮やかな青い海原。 ダイビングの取り組み方を間違いなくレクチャーするはダイビングショップAです。講習陣の顔ぶれ、器材にはどんなものがあるのか、経費はいくらなど、知っておいた方が良い内容を情報を完璧に紹介します。 カヤックツアーで何をするかというと、読んで字のごとくカヤックを利用して自分でやりやすいようにパドルを動かして、右側と左側の岸に紅樹林が息づく川を上流まで旅する内容です。 どうせ憧れのダイビングをやってみる決心をした以上は、全てを学んでみたい、日本中の海中を自由自在に潜れるダイバーになってみたい、けれども一体何から手を付けたらよいのやら、誰か教えてほしい。 ダイバーを虜にする「オニイトマキエイ(マンタ)」と泳ぎたい!そこで名前が挙がるのが石垣島。マンタが多く見られる場所の川平でダイビングすることができる現場便利なサービスは数多くあります。

Go to Top