沖縄での冬

沖縄でシュノーケリングするなら外せない場所として人気沸騰の神秘的な「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「慶良間諸島」、2地点のシュノーケリングプランの中身をマリン情報サイトで働くスタッフが潜入調べ上げました。 「沖縄での冬期間の海は透明度は高いですか?」とダイバーたちに聞かれることがたまにあります。伊豆なんかも夏に比べて冬の方が相当透明感が高くなります。 沖縄を旅するならどう考えても海!いくつものブルーで塗られたような海の中を、南国特有の色鮮やかでかわいらしい魚たちと共に泳ぐ体験は永遠に忘れられない記念になるでしょう。 辺り一面のマングローブ林を鑑賞しながら人気のカヌーツーリング。鬱蒼としたジャングルを抜けて見応えのある滝をトランピングして目指す小旅行。誰もが冒険心をくすぐられる西表島のネイチャーゾーンへ行きませんか? ダイビングの知識を本格的に覚えるための実習、海底の神秘を思いっきり堪能できるダイビングをスタートしましょう。 綺麗なサンゴならインド洋に是非潜ってみて!インド洋にあるモルディブはまるでリングに見える何とも言われぬ環礁が南北の距離で800キロも連なる昔から「真珠の首飾」と崇められてきたようです。 沖縄旅行の思い出の品として名高い独特のシーサーを自分で作れたらいいと思いませんか?どんな顔になるかはあなたにしか分かりません。普通の土産屋では入手できない一際愛着の沸く思い出の品になります。 世界から賞賛されている沖縄の美しい海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の候補地として名を馳せる木々の生い茂るやんばるの森やきれいな川や見応えのある滝で本物の自然と触れ合いませんか? 話題のウェイクボードという運動は水上版のスノーボードという例えがぴったりです。仕組みは水上スキーと同じ形式で、スピードボードで牽引してもらい水面を駆けまわるエキサイティングなスポーツです。 意外にもウェイクボードに立ち乗りするのは水上スキーほど技術を要しないので、回数をこなせば波を巧みに用いた見栄えのする技も実現できることでしょう。 海でぽっかりと「中性浮力」のあり様は、心地よく水中を歩むためにも、サンゴの群生などの水中状態を攻撃しないためにも配慮しなければなりません。 ダイビングを開始するにあたり、一番初めにダイバーたちに7点セットと定義されているスノーケル、マスク、フィン、そしてスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは購入した方がベターでしょう。 ちょうどよい小舟に乗船して不思議な海漂林探検を満喫し、華麗なサンゴが見られるレンボガン島のマリンブルーの海をドリフトシュノーケリングしてみませんか? 「ダイビングのテーマを確立したい。思いっきり楽しみたい!」その気持ちがあれば自然海の世界の魅力を手に入れる“ダイバー”取得のカリキュラムがあります。 問題なくレクチャーを受けて、念願のダイバーとしてのスタートラインにたどり着いた人は、先ずはいろんな海に鮮やか海底を見に行きましょう。

Go to Top